適切な量

塩分も水分も適切な量を考慮し、極端な摂取は避け、いずれのものも1度に多くは摂取できないので、適切な量を考慮し摂取するよう心掛けなくてはならないそうです。