生活活動量

たんぱく質は体を構成する要素として大きな割合をしめてますのでたんぱく質もしっかり補給しなくてはなりませんが、脳の細胞や神経細胞や神経伝達物質もたんぱく質なので、不足すると うつ になったり、精神的に落ち込んだりするそうです、精神的にも肉体的にも健康でいるためにも、自分の生活活動量に合わせてたんぱく質もしっかり補給しなければならないそうです。肉も魚も両方必要だそうです。幼い子や年配の人は肉は硬くて食べるのがおっくうになりがちですが工夫して摂取する必要があるようです(例えば細かくしたりペースト状にして)。 骨の構成要素の1つもたんぱく質とのこと。